株式会社横濱長者町不動産 > 株式会社横濱長者町不動産のスタッフブログ記事一覧 > 購入した中古マンションの寿命は?建て替えの時期や費用を解説

購入した中古マンションの寿命は?建て替えの時期や費用を解説

≪ 前へ|中古マンションの購入時に火災保険の加入は必要?補償の範囲を解説   記事一覧   交通アクセスの良さも魅力!住みやすさで人気の吉野町駅|次へ ≫

購入した中古マンションの寿命は?建て替えの時期や費用を解説

中古マンションを購入するとき、築年数が判断基準のひとつになります。

 

修繕や建て替えのための費用負担にかかわってくるからです。

 

また、住み替えのタイミングをあやまり老朽化がすすむと、売却先が決まらなくなることもあります。

 

そこで中古マンションを建て替えるタイミングやその費用、売却の方がいいケースなどを解説していきます。

 

中古マンションの購入1:建て替えの時期


マンション


日本では、1970年代ごろからマンションが建てられるようになりました。

 

50年のあいだ、数多くのマンションが建築されていますが、時期により法律や技術が異なります。

 

そのため中古マンションの寿命は、明確に定めることはできません。

 

鉄筋コンクリートのマンションの場合、120年までもつと言われています。

 

現在、初期に建てられたマンションの築年数は約50年。

 

そのため、実際にどのくらいの時期に寿命が来るのか、まだ分からないのが現実です。

 

そもそも、中古マンションを建て替える場合、必ずしも寿命だけが理由になっているわけではありません。

 

戸数を増やす、エレベーター等の設備を充実させる、耐震強度をより高めるなど、購入者の利便性や安全性を配慮して建て替えることも珍しくありません。

 

中古マンションの購入2:建て替えの費用


購入した中古マンションの寿命が近くなってきたら、建て替えをするか修繕しながら維持するかの二者択一となります。

 

これは、誰かがひとりで判断することはできません。

 

管理組合の構成員で話し合い、どのように中古マンションを維持していくのか、決定していくことになります。

 

そして、中古マンションを建て替えることが決定されると、その費用を所有者が負担することになります。

 

費用負担の目安は、一戸あたり1000万円から2000万円ほどですが、建て替えるマンションの設備等によっては、さらに費用がふくれあがることもあります。

 

修繕しながら維持しても、中古マンションの老朽化は進んでいきます。

 

そのため、どこかのタイミングで建て替えとなる可能性があることを意識しておきましょう。

 

中古マンションの購入3:建て替え?売却?


購入した中古マンションの老朽化が目立ってきたら、売却することも選択肢のひとつです。

 

仮に建て替えをすることになると、所有者は一時的に退去することが必須です。

 

住人の都合や希望を調整するので、方針をめぐる所有者の話し合いが長期化したり、費用負担が莫大になったりすることも念頭に置いておく必要があります。

 

中古マンションは、年数がたつほど、その資産価値はさがり、売却することが難しくなります。

 

そのため、建て替えの費用を出すのなら、より資産価値が高いマンションに住み替えてしまった方がいいケースも少なくありません。

 

まとめ


中古マンションを購入するときは、築年数や価格に加えて、将来の老朽化を踏まえて判断することが大切です。

 

寿命が近づくまえに売却し、新しいマンションを購入するほうが、不要な出費や損失を避けることもできます。

 

初めて中古マンションを買う方も、現在所有しているマンションからの住み替えの方も、大規模修繕や建て替えを考慮しながら物件探しをしてくださいね。

 

株式会社横濱長者町不動産では、横浜市中区・南区の中古マンション情報を豊富に取り扱っております。

 

横浜市でマイホームをお探しなら、当社までお気軽にご相談ください。

≪ 前へ|中古マンションの購入時に火災保険の加入は必要?補償の範囲を解説   記事一覧   交通アクセスの良さも魅力!住みやすさで人気の吉野町駅|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • お客様に選ばれる5つの理由
  • 更新情報

    2020-09-01

    大家様(貸主様)  大募集中!    1ルームタイプ・ファミリータイプ・1棟マンション・アパートまでぜひ当社にお声掛けください☆

    2020-06-14

    【引っ越し業者のお見積もりはこちら】アットホーム引越し見積もり

    2018-04-02



    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社横濱長者町不動産
    • 〒231-0057
    • 神奈川県横浜市中区曙町3丁目32番地
    • TEL/045-251-6681
    • FAX/045-252-0645
    • 神奈川県知事 (1) 第30035号
  • スマホサイト
  • 更新物件情報

    2020-10-01
    赤門町1丁目マンションの情報を更新しました。
    2020-10-01
    アーバンヒルズ吉野町の情報を更新しました。
    2020-10-01
    ヴェルステージ関内の情報を更新しました。
    2020-10-01
    ライオンズマンション伊勢佐木長者町第2の情報を更新しました。
    2020-10-01
    エラーブル港南の情報を更新しました。
    2020-10-01
    シャトレーイン横浜の情報を更新しました。
    2020-10-01
    ザ・タワー横浜北仲の情報を更新しました。
    2020-10-01
    ル・グロワールの情報を更新しました。
    2020-10-01
    ライオンズマンション横浜長者町南の情報を更新しました。
    2020-10-01
    b’CASA Bandobashiの情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る